--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-17(Sun)

萱草に寄す・・・・立原道造

TATIHA.jpg

夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち
草ひばりのうたひやまない
しづまりかへつた午さがりの林道を・・・・(立原道造 のちのおもひに)



立原道造・・・・昔の文学少女の憧れの人だったりするわけですが、現代だって、ちゃんと私の憧れの人です


植物好きの私は、「わすれぐさ」がどんな植物か気になりました

キスゲや、ユウスゲ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウなどの総称らしいのですけど、道造くん(なれなれしい・・・・)の見たのは、どれでしょうか?

道造くんの他の詩集に「ゆふすげびとの歌」がありますので、やはり「ユウスゲ」ということになるのでしょう

この辺りにはユウスゲは自生しませんけど、ノカンゾウなら、これからたくさん咲いてきます

先日公園で見たキスゲの仲間も、「わすれぐさ」の一種かもしれません

園芸品種なら「ヘメロカリス」などと学名で呼ばれたりしますけど・・・・・

DSCN7874.jpg

建築家でもあった道造くんですが、晩年(24歳!)に夢見て、実現できなかった「ヒアシンスハウス」という小さな家があるのですが、これがさいたま市の別所沼公園に再現されているそうです

ひや

ぜひ近いうちに行ってみたいと思います



スポンサーサイト
2012-05-25(Fri)

父の本棚から~尾形亀之助詩集~

詩




      白い手   尾形亀之助詩集より

  うとうと と
  眠りに落ちそうな
  昼-

  私のネクタイピンを
  そっとぬこうとするのはどなたの手です

  どうしたことかすっかり疲れてしまって
  首があがらないほどです

   ね
  レモンの汁を少し部屋にはじいてください



尾形亀之助、はじめて読みました。

鮮やかですね。

尾形亀之助の詩は、作り込んだ感じがしません。
原稿用紙にいきなり書き込んで、そのままって感じがします。

ほんとうは、何度も推敲を重ねているのかも知れないけど、その「汗」が見えないのです。

ものづくりを仕事にしている私の父が言いました。

「職人は、できあがったものに苦労の跡を残しちゃいけないんだ」・・・・尾形亀之助は立派な職人ということ?





ぷろふぃーる

夏音

Author:夏音

(*'-'*)ノ こんにちは!

夏音の日常、
どーでもいい事をつづってみます。

あ、twitterはじめました。→なつねだってば

はじめての方は、カテ欄の「自己紹介」をご覧ください↓

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かれんだー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。