--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-11(Fri)

前髪の顛末

natsune4.jpg



先日の前髪事件の顛末。

結局、ちゃんと切りにに行った。で、思い切ってショートに。salyuの写真見て、これだ!と思ったのですよ。

写真を持っていくのは恥ずかしいので、言葉で伝えたけど、詳細に語りすぎて、「それって、誰かお手本があるんでしょ。写真持ってくればいいのに」とあっさり見破られてしまった。でも、満足だからいいんだぁ。

髪型を真似たところで、salyuになれるわけじゃない。ただ、スプリングボオド(芥川龍之介風)がほしかっただけ。

実は他にもわけありなんですが、それはいずれ・・・・・








スポンサーサイト
2012-05-11(Fri)

魔法のリップスティック

口紅

はじめて自分の意志で口紅を付けた日のことを覚えている。それも鮮明に。

七五三は別だ。あれは自分の意志じゃない。

母の鏡台(!)が好きで、よく引き出しを開けては中の化粧品をながめていた。

ある日、母とどこかに出かけることになって、自分の意志というものが不鮮明な私には珍しく、口紅を塗ってほしいとねだった。

なぜか母は、真っ赤な口紅を塗ってくれた。

しかし、真っ赤なリップスティックは、魔法の杖のようだった。

普段、ほめられることなどそうそうあるものではない。それが、口紅ひとつでまわりの人々がみんな私にやさしくなってしまうのだ。

家を出てすぐ近所のおばちゃんに「あらー口紅つけてもらったのー、いいわねえ」
バスに乗ると、知らないおばちゃんが「かわいいわねぇ。」
お店のオジサンは、「おっ、ベッピンさんだね!」(そのときは意味わからなかったけど)
帰りのバスでは、向いに座ったお姉さんと眼があったら、やさしくニッコリしてくれたり・・・・

しかし、次の日、母に口紅をつけてほしいとねだることはしなかった。子供なりに、魔法は使い続けると効き目が無くなることを知っていたかのように。

それにしても、母があんなに真っ赤な口紅を付けたところは見たことがない。なぜ持っていたのだろう?

でも・・・・真っ赤な口紅、私も持っている。使いもしないのに。なんだ、同じじゃんか。

母も1度くらいは魔法を使ったのかもしれない。





ぷろふぃーる

夏音

Author:夏音

(*'-'*)ノ こんにちは!

夏音の日常、
どーでもいい事をつづってみます。

あ、twitterはじめました。→なつねだってば

はじめての方は、カテ欄の「自己紹介」をご覧ください↓

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かれんだー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。