--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-31(Fri)

夏休み終わりだーっ

全国の少年少女のみなさま、夏休み終わりですね(ざーまーみろ)

あたしなんて9月になっても夏休みみたいなもんなんだぞー
うらやましーだろー、うらやましかったら学校辞めてみ

会社員のみなさんだって、会社辞めれば明日からずっと夏休み・・・・

って、ずいぶん過激なことを書いてますが、明日から9月です

少し秋らしい背景に変えてみました・・・・


稲穂もこんなに

DSCN5129.jpg
トイデジなのでヘンな色です


もう秋なのに、今日も埼玉は熱かった暑かったです

秋といえば青空のイメージ、ということで、さりゅの「青空」を貼ってみる・・・・



みなさま、明日からの9月も、おつきあいいただければうれしいです


スポンサーサイト
2012-08-30(Thu)

だって知らなかったんだモン!

本日は、みなさまにお詫びです

わたくし、「拍手コメント」というものを理解しておりませんでした

で、昨日、過去にみなさまからいただいた拍手コメントを、
はじめて拝見しました

たくさんのありがたいコメントをいただいたのに、お礼コメントもせず、放置しておりましたこと、深くお詫びいたします

m( __ __ )m ゴメンナサーイ

今からお返事を書くのもマヌケですので、まことに勝手ながら、新たにいただいた分から、お礼コメントさせていただきますね

ほんとにほんとにゴメンナサイ

2012-08-29(Wed)

ゆでたまご

たまごをたくさんいただいて、消費が追いつかなくなりそうなので、ゆでたまごを作りました

新しいのは半熟、ちょっと古いのは固ゆでに・・・・

yudede.jpg

小学校の家庭科の授業で、理科の実験みたいに、ゆで時間や冷やし方で卵がどうなるかを習ったのですけど、他の小学校のともだちは、そんなのやらないって言ってました

おもしろくて熱心な先生だったので、そんなことも教えてくれたのかもですね

そういえば、油を使う調理は生徒にやらせてはいけないらしかったのですが、実演して見せてくれました


最近まで、ほとんど料理をしたことがなかった私ですから、そんな家庭科の授業の記憶も大切なんです

・・・・一昨年まで父が食事とお弁当を作ってくれていましたので・・・・感謝(はーと)

2012-08-28(Tue)

夕食はチーズケーキ

ともだちに、お菓子屋さんの娘がいます

お菓子屋さんといっても、洋菓子店でも和菓子屋さんでもなくて、普通の袋に入ったお菓子などを売るお店

最近こういうお店は見かけなくなりました・・・・似ているとしたら「おかしのまちおか」でしょうか(関東の人しか知らないか?)

でも、思いのほか、と言ったら失礼ですけど、繁盛しているんです

おもしろいのは、夕方になると、近くの飲み屋さん街?から、ホステスさんやホストさんが買いに来るんです

自分たちで食べる以外にも、お店で出す分もあるようで、まとめて買って行きます

それを、店番しているおばさんが「あのお菓子はいったいいくらでお店に出るんだろうねぇ」
なんて言っています

ポッキーとかよく売れるらしいですけど、なんででしょうね


そして、そのともだちの家に遊びに行くと、帰りに必ずおみやげを頂きます

おせんべいだったり、おばあちゃん達のお菓子のイメージがある「桃山」とか、チョコ饅頭だったり

おばさん「賞味期限が近いんだけど・・・・」
あたし「大丈夫大丈夫、すぐ食べちゃいますから」

そして本日いただいたのは、なんとチーズケーキ!

このお店に最も似合わないおしゃれなお菓子です(失礼)

ホールのチーズケーキを、そのまま袋詰めパックされたもの

ただし、賞味期限は本日・・・・

しかも、今晩父は飲みに行くので、わたし一人

DSCN8646.jpg
袋から出すときトップの部分がハゲました


となれば、本日の夕食は決定です!

ホールのチーズケーキひとりじめ!

思いっきり体に悪そうだけど、たまにはいいでしょ

カロリーは十分だし(あたりめーだ!)

ただ、不安がひとつ・・・・全部食べきる前に飽きないか?ということ

紅茶をポットに多めに用意して、イザ!


・・・・正直なところ味には期待していなかったんです

ところがところが・・・・とってもおいしくて、飽きるなんてとんでもない!

もうひとつくらいイケそう!ヾ(ーー )ォィ

2012-08-27(Mon)

牧野富太郎が許せん!

いきなり大先生に向かって、「牧野富太郎が許せん!」などと怒ってますけど・・・・

makino.jpg

牧野富太郎・・・・日本の植物学の父といっていい人です

富太郎さん(←なれなれしい)は、植物採集に出かけるときは、蝶ネクタイの正装だったそうです

そしてその理由を、「恋人に会いに行くのだから」と答えたそうです

これは、牧野植物園の門です

makinomo.jpg

富太郎さんの写真は、いつもニコニコしていて幸福そうですが、金銭感覚が一般の人と違っていて、お金に困っていながら、節約しようとはしなかったそうです

子供には、望む本はいくらでも買い与え、学生にはご馳走し、自身は芸者遊び・・・・

植物に対する真摯な姿勢とは裏腹に、「常識」というものには遠い人であったようです

でも富太郎さんの許せないのは、そんなことではないのです

もちろん植物大好きな私にとっても、富太郎さんは尊敬する人物ではありますが・・・・

ハキダメギク、ワルナスビ、イヌノフグリ、など、植物に敬意を払ったとは思えない命名をしたことは絶対許せません!!


2012-08-24(Fri)

わたしの住む、春日部市は梨の産地です・・・・といってもほとんど知られていないようです

DSCN8654.jpg

隣の白岡町などは、広く出荷してマーケットなどでも見かけるのですが、春日部産は見かけません

なぜかというと、ほとんど梨農家さんの直売で終わってしまうようなのです

毎年リピーターがいて、贈答用などの需要でほとんど売り切ってしまうのです

これってスゴイですよね

贈答用中心なので、比較的大玉で味もいいのですが、なかなかお目にかかれないわけです

でも、キズモノなどは農家に行くと安く買うことができます

で、本日近所の梨農家さんへ

「自宅用なんで、キズモノでいいんですけど」

と声をかけたら、ちょうど今朝収穫した分は終わりとのことでしたが

「せっかく来たんだから、自分で採ってくる?中におじいちゃんがいるから」

ということで、梨園に行って自分で収穫してきました

梨園の中は、まわりにネットが張られていて風通しが悪いので、サウナ状態

セミとカブトムシがたくさんいます
男の子なら、梨より昆虫採集に夢中になるかも

梨園にいたおじいちゃんに

「少し青くたって甘いんだ 赤いのはやわらかい 大きい方がおいしいんだよ」

と教えていただいて、特大のを4つ

nanasi.jpg

お金を払うとき、試食を出していただいて、

「今日はおしまいだから、ぜんぶ食べちゃって」

と1個分の梨をひとりでいただきました
しかも冷たい麦茶つき♪

2012-08-23(Thu)

夏空に飛行船

埼玉は本日も35度の予報です

「夏」さん、もうあなたのすごさは十分わかりました

スイカも、かき氷も、花火も、夏祭りも、たくさん楽しませていただきましたので、そろそろお引き取りいただけないでしょうか?

って、いいかげんにしろよなぁー
もうたくさんなんだよ!帰れよ!帰ってくれよ!

と、夏に文句を言ってもねぇ・・・・

本日は「処暑」・・・・暑さが峠を越えて後退し始めるころだそうです

まだ「峠」じゃなかったんかい、って感じですけどね

昨日、久しぶりに飛行船を見ました
スヌーピーがデザインされています

111106_0917~02

飛行船は大好きなので、いつも空に意識が行っているためか、発見率は高いと思います

中学の頃は、よく父と桶川飛行場に、飛行船「ツェッペリンNT」を見に行きました

いま飛んでいるものよりずっと大きくて、ほんとに空飛ぶ鯨って感じでした

hikohiko.jpg

残念ながら管理していた会社がなくなって、飛行船は解体されてしまいました

解体されたと知ったときには、泣きました
自分で思い出しても、泣きすぎだろうって思うくらい・・・・

ツェペリンNTがいなくなって、入れ替わるように保険会社のPR用の飛行船が飛びはじめました

ともだちと歩いていても、「あ、飛行船」って見つけるので、
「夏音、あんたちゃんと前見て歩いてる?」って言われます

でも、なんと言われても好きなんですよ、飛行船

夏空に飛行船を見つけると、一瞬暑さを忘れます(って、そんなのあたしだけ?)

本日は、東京スカイツリー周辺を飛行する予定だそうです




2012-08-21(Tue)

特に意味は・・・・

特に意味はありません・・・・

DSCN3793.jpg←click

なんとなく このお店の人に会ってみたいです

2012-08-20(Mon)

やさしい影

古いお店を覗いてみると、ほとんどの場合、暗いですよね

もちろん「暗い」といっても陰気だったりするわけではなく、やさしい影に包まれて商品が並んでいるといった感じです

kage.jpg←click
Rolleicord 1a Triotar 75mm 1:4.5

いつの間にか、家の中も店の中も、「明るいことはいいことだ」とばかりに強い照明に照らされて、影は消えてしまったようです

子供の頃から影のない所しか知らないわたしには、古い民家やお店の、影のある風景が新鮮に見えます

そして、「影」のやさしさを実感するのです

2012-08-19(Sun)

Portrait in the mirror

ともだちに借りたトイデジで、鏡を使って自分撮り

susu.jpg
ポケデジ・・・・ノイズモード トリミング+コントラスト調整

ビビットな反対色を組み合わせて撮るとおもしろいです

poke.jpg

とっても小さくて、画面はましかく

でもノーファインダーなので、フレーミングはかなりアバウトな感じです

キーホルダーやアクセサリー感覚で持つのが楽しそう

スマホでも撮れるけど、こっちの方がすぐ撮れていいです

トイデジなんて、と思ってたけど、使ってみたら楽しいです

よし、しばらくは返さないぞ!
2012-08-18(Sat)

バオバブ日記(2)

バオバブの木、その後です

種をヤスリで削るという、なんだか恐竜の卵をノコギリで切るみたいなことをして、水に24時間つけました

babu1.jpg

そのあと植木鉢に蒔いて、保湿のためにミズゴケを載せました

バオバブの故郷、アフリカは、雨季と乾季が半々だそうなので、浮きに発芽するということは、十分な水分を保つ必要があると思ったからです

babu2.jpg

さて、蒔いてみると、バオバブは、スゴイ生命力を発揮しました
わずか3日で根が出て、5日目には・・・・

babu3.jpg

もうこんなに太くたくましい芽が!

この勢いなら、確かに小さい星のひとつくらい壊してしまうかも

babuhosi.jpg
新潮文庫版「星の王子さま」

バオバブで、アフリカの気候に興味を持ったので、調べてみました

なんかアフリカ=暑いというイメージだったのですが、バオバブの故郷であるアフリカ中部は、年間を通して日本の6月頃の気温だそうです

暑さなら埼玉も負けねえゼぇ!と思っていたら、涼しいじゃねぇか!

2012-08-17(Fri)

蕎麦にあらず

本日2度めの更新・・・・

おさんどんのわたくしは、主である父に

「今日のお食事は何にいたしましょうか?」と尋ねる

「そうだな、今日も暑いから、蕎麦もいいな」・・・・と父

SOSOBA.jpg
フリー画像より


もちろん手打ちなんてできないので、乾麺を茹でるのですが、父に、

「そば粉がちゃんと入ってるの買ってこいよ」

と言われて、

「?」となったのです

「小麦粉のほうが多い蕎麦もどきが多いんだよ」と父

それを聞いて実際に買いに行ってみると、ほとんどが小麦粉のほうが多いんですね

もちろん高級品で「蕎麦粉十割」なんてものもあるのですが・・・・

牛乳だって、純粋な牛乳以外は「牛乳」と表示できず「乳飲料」と表示されています

なのに、なぜ乾麺のそばは「そば風味麺」とかにならないんでしょう?

あ、なんかあたし、製麺業界を敵に回してる?


でも、家庭で手軽にお蕎麦が食べられるのは、乾麺があるからですよね、製麺業界のみなさん!

...... ( 〃..)ノ ゴメンナサーイ


今はそばの花の時期です

蕎麦はまだ花でもてなす山路かな  芭蕉

soba.jpg

2012-08-17(Fri)

サギソウ

今朝は、お洗濯干すのに焦げそうでした

わたくし、炊事、洗濯、掃除、と専業主婦的なことをやってますけど独身です

でも、「家事手伝い」という呼び方は納得できません・・・・だって、手伝いじゃなくてメインですから

主婦じゃなくて家事手伝いでもない・・・・えっ?居候!?

確かに1円も稼いでないけどサ・・・・


サギソウがきれいに咲きました
でも、携帯のカメラが不調でボケボケです

sagi.jpg

それにしてもなんでこんな複雑な形になったんでしょ

受粉を助けてくれる虫さんたちがとまりやすいように、でしょうか?

人間にとっては、純白の花と細い緑の葉が涼しげで、残暑にほっと一息つかせてくれます

2012-08-16(Thu)

一里塚の榎

いちり

隣の町にある、一里塚の榎です

日光御成街道、江戸日本橋から十一番目の一里塚・・・・ということは、ほぼ43キロですね

今は大きな木陰ですけど、江戸時代にこの榎は、どれほどの大きさだったんでしょう

もしも今ほどの大きさでなくても、木陰があれば、夏を旅する旅人にとって、きっとよい休憩所だったはずです

いちり2


榎の木陰の向こうは、終わりかけのひまわり

手前は、稲穂が立ちはじめている田んぼ

ここの一里塚は、左右一対で残っているのが貴重だそうです

確かに、道路の左右に残っているということは、江戸時代から道路の幅が変わっていないということですね

今は、榎の赤い実がたくさん成っていました

甘い実だということなので、次は食べてみようかな(また食べることかい!?)

2012-08-14(Tue)

ツルニチソウの青

147円で、万年筆を買った(定価210円!)
470円のインクコンバーターを買って
1260円の青インクを買った

ツルニチソウの青・・・・

DSCN8607.jpg

ツルニチソウの花言葉は、「やさしい思い出」

春の花だけど
そのブルーは夏に涼しい

インク瓶を傾けて、瑠璃色を愛でる
「夏」と書いたら、少しも暑く見えない

エルバンのインク、「ツルニチソウ」は、いつか使ってみたかった

DSCN8617.jpg


海の青じゃない
空の青じゃない
花の青

2012-08-13(Mon)

豆盆栽のある景色展

埼玉は暑さが戻って来ちゃいました

でも日陰に入ると、影の濃さが違ったり、風の温度が違ったり・・・・

新宿のOZONEで開催中の、「豆盆栽のある景色展」を見てきました

DSCN8594.jpg

わたしも端っこに名前を連ねさせていただいている「超ミニ盆栽鉢同好会」の先輩方も出展されています

超ミニ盆栽同好会

しかし、新宿に行くのにいろいろと困難が・・・・

埼京線を使おうと思ったら、線路に人が立ち入ったとかで運転見合わせ・・・・

山手線経由で行くことになったのですが、座れたので本を読んでいたら、隣のおじさんが腕をスリスリとこすり付けてくるんですよ!明らかにわざとです! (≧ヘ≦)

げげっ、と思って隣の車両に移動しました
(((((((スタタタタタッ ヘ(* - -)ノ

でも悪いことばかりじゃなくて、ガリガリ君仕様の山手線を見ました

DSCN8592.jpg

OZONEは、あまりお客さんもいなくて、のんびり

今回、超ミニ盆栽鉢同好会の、まこと先輩の鉢を見るのが楽しみだったのですが、展示はわずか3点・・・・しかも一番見たかった赤土の鉢はなくて残念・・・・

それでも、表面に結晶の出た宝石みたいな鉢や、焼き締めで、底の部分が山型になっている個性的な鉢を見ることができました

 まこと先輩のブログ→ いつか盆栽

他の先輩の鉢も、超絶技巧の絵付けとか、個性的な造形の鉢がありました

ただ、わたしのような未熟者が、こんな立派な鉢は使えないと思い、購入は見送りました

でも、どれも価格以上の価値のものばかりですので、おすすめですよ

今月28日まで開催ですので、ご興味のある方は是非・・・・今週は休館なのでご注意くださいね

豆盆栽のある景色展→ http://www.monova-web.jp/596

盆栽以外にも、OZONEにはコンランショップなどの輸入雑貨や、日本の伝統的な工芸品などもあって楽しいですよー

2012-08-10(Fri)

バオバブ日記(1)

バオバブの木を知っていますか?

そう、「星の王子さま」に登場する、星を破壊するほど巨大になる木です

バオバブ、実在するんですね

それなら育ててみたくなります

しかし、こんなに巨大になる木を、庭で育てるのはムリ

星は破壊しないまでも、家くらいは破壊してしまいそうです

babu.jpg
フリー画像

でも、ケヤキだって、スギだって巨大に育つのに、盆栽化すればミニサイズ!

それならバオバブだって小さい鉢で育てれば・・・・

問題は、タネです

バオバブは世界に数種ありますが、もちろん日本にはありません

Webで調べると、売っているではないですか、バオバブのタネ!

さっそく注文しました
480円、送料70円

タネは特別巨大ではなく、大豆くらい

カタチも「マメ」って感じ

baotane.jpg

ただ、調べてみたら簡単には発芽しないようで、ヤスリで削って24時間吸水させてから蒔くとか・・・・

で、ヤスリで削ってみました

こんな時、父の仕事場に道具があるので助かります

削るときは、指で持つのはたいへんです
高いネイルとかやってたら、絶対ムリです

わたしの爪は、すっぴん?ですけど、力が足りないのでペンチに挟んで削りました

penn.jpg

さて、あとは水に浸けて24時間・・・・

発芽するかなぁ?

2012-08-07(Tue)

ナナカマド

なんだか小学生の絵日記のようなものを書いてしまったので、ちょっとシブイ話題に・・・・

盆栽です・・・・シブシブでしょ

DSCN6658.jpg

ナナカマドです
鉢の直径は3センチほど

2年前に山形県のあるお寺でいただいてきました

しゃがみ込んでこのナナカマドを見ていたら、通りかかったお坊さんに、なにを見ているのかと声をかけられました

そこで、「こんなかわいいのを育てられたらと思いまして」と本音を言ったら、なんと、「どうぞお持ちなさい」とのこと

お坊さんは、「そこに生えていても、いずれは刈られてしまうから」とおっしゃって、堀上げるのまで手伝ってくださいました

このナナカマドくん、いつも踏みつけられていたためか、クネクネにひねくれていて魅力的です

いつか里帰りさせてあげようかな?


2012-08-07(Tue)

避暑地の出来事(その2)

本日、立秋とのことですが・・・・ざけんじゃねぇーと叫びたくなる暑さです

でも、そんなハシタナイことはできませんので、小さな声で、
テメ、イイカゲンニシロヨとささやいてみます

さて本日も、どーでもいい日記の続きを・・・・

リフトで、終点の武尊牧場キャンプ場に到着すると、空は青く、雲は白く、ハイコントラストな世界

DSCN8570.jpg

白樺がたくさんあって、高原らしさを引き立たせています

白樺の木にこんなブランコも・・・・

DSCN8578.jpg

もちろん乗りましたよ
左右のロープのバランスが悪くて恐かったけど

冬はスキー場になるので、スキーの案内の看板がありました
看板には群馬県のキャラクター「ぐんまちゃん」が・・・・

DSCN8562.jpg

ぐんまちゃんカワイイ!!

周辺にはヤナギランがたくさん咲いていたのですが、写真はうまく撮れなかったので、かわりに夏雲を・・・・

DSCN8564.jpg

どーでもいいけど、小学生の絵日記なみだな、これ・・・・

もうやめよっと。。。。

2012-08-06(Mon)

避暑地の出来事(その1)


群馬県片品村に避暑に行ってきました・・・・といっても日帰りですけど

わが家のロールスロイス・・・・通称ミニ・クーパーで・・・・

わたしは運転できないので、助手席でくつろいでいれば避暑地に着くというステキな設定です

ただし運転は父・・・・カッコイイ王子様なら完璧なのですが・・・・

わが家のロールス、じゃなかったミニクーパーは1990年製で、車としてはかなりレトロです

MIN2I


父にとってはタイヘン思い入れのある車だそうで、なんでもイギリスのジョン・クーパーさんという人(ミニ・クーパーの元を作った人らしい)に直接頼んで作って?チューニングしてもらったそうです

車のことは、ちょっとわからないのですが、父にとってはタカラモノのようで、ミニ・クーパーのことを話すときは子供みたいです

さて、高速道路をびゅんと走って、途中、赤城高原サービスエリアでソフトクリームなど頂きつつ、

そF

車内では親子共通で聞ける音楽など流しつつ、2時間半で片品村に入りました

片品村も、標高の低いところでは、それほど涼しくはないので、リフトで武尊牧場に登ります

長ーーーいリフトは、1本目が15分、2本目が7分、トータル22分の空中散歩です

リフトは2度目

運動神経のキレているわたしは、乗る瞬間、緊張しすぎて、係の人が落果防止のセーフティバーを下ろしてくれたとき、腕をガーンとぶつけてイテテテテ、降りるときもコケそうになって係の人に支えられ・・・・みなさまがいなければ、とっくにわたしは死んでいます!

りふ

リフトに乗っているうちに、空の青がどんどん濃くなるのがわかります
気温もどんどん下がって、終点の温度は23度!朝8時には20度だったそうです

ただ、空気が澄んでいる分、紫外線もビシバシです

今日はサンスクリーン+リッププロテクターで完全装備・・・・と思ったけど帽子を忘れたのでした/(´o`)\

つづく・・・・
2012-08-03(Fri)

百日草

今日も自転車で走って、黒コゲでバテバテの夏音です

百日草がいっぱい咲いていました

DSCN8533.jpg

木陰で休んでいたら、保護色のセミ君発見!
隠れたつもりでも、わたしの目はごまかせないのだよ!
(*'-^*)

DSCN8484.jpg

でも、これってなにゼミ?



関東は連日の猛暑でしたが、明日はようやくひといきつけそうです

今年はなぜか夕立もないので、たまには雨も降らないとね



あと4日で立秋・・・・暑さはニガテでも、夏を楽しみたいのです


2012-08-02(Thu)

ゆかた

暑さは今がピークですけど、来週はもう立秋なんですね

今朝は日差し「かんかん」でしたけど風は心地よくて、自転車で父の仕事場へお弁当配達するのも気持ちよかったです

突然ですけど、ゆかたの話題

yuka3.jpg

今年もゆかたは憧れに終わりそうです
幼い頃に着たきり、ゆかたを着たことがありません

母のゆかたはあるけど、あまりにも「昭和」なのでちょっと着れないし着られないし・・・・

来週の花火大会、ともだちに誘われてるけど、ゆかたで勝負するか、まだ迷っています・・・・って、なにを勝負するんだか

まず、買わないことには着ようもないですしね

今月はスカート買って貧乏だしねぇ

髪をショートにしたのも問題だし・・・・


どーでもいい日記におつきあいいただき、ありがとうございます

2012-08-01(Wed)

ラムネビンの謎

きのうラムネのことを書きましたが、いろいろな方から、ラムネについてコメントをいただいたので、調べてみました

DSCN8518.jpg

むかしのラムネビンは全体がガラスで、しかも中のビー玉より口は小さいのです

コメントいただいたAzTakさまによると、ビンを成形して、最後にビー玉を入れ、口の所を加熱して小さく絞るとのことです

すごいですね!それからすると現代のラムネビンは手抜きもいいところですコストダウンされています

それから中のビー玉

やはりコメントいただいたしのぶもじずりさまによると、ラムネビンの栓に使える精度の良いものを「A玉」、それ以外を「B玉」と呼ぶとのこと

Wikiなどで調べると、確かにそのことも書かれています

ビー玉の語源は謎が多く、「ビードロ玉」説や、A玉B玉説など、様々な説があるようです

そこでヒマなわたしは、Wikipediaにあった、A玉は「直径16.85±0.15mm」という記述を確かめることにしました

普通の定規では正確に測れないので、父の仕事場にある測定器を拝借しました

実測値は・・・・16.84~16.92ミリでした

±0.15は、中心値から前後にこれだけズレても良いということらしいので、これはB玉君ではなくA玉君と呼ばなければ怒られる(誰に?)わけです

なんか、夏休みの自由研究みたい・・・・


ぷろふぃーる

夏音

Author:夏音

(*'-'*)ノ こんにちは!

夏音の日常、
どーでもいい事をつづってみます。

あ、twitterはじめました。→なつねだってば

はじめての方は、カテ欄の「自己紹介」をご覧ください↓

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かれんだー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。