--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-17(Mon)

とんかち

突然ですが、「とんかち」です

DSCN8788.jpg

骨董市で買いました

骨董屋のおじさんに、

「これいくらですか?」

と聞くと、

「えっ、そんなのより、こっちの方が使えるよ」

と言って、もっとスマートなとんかちを出してくれました

「でも、これがいいんです」

というと、

「そんな不細工なのがいいの?タダでやってもいいんだけど、100円だけもらっとこうかな」

というわけで即決です


どんな目的で使われていたのかは、想像もできません

でも、そのシルエットは、イラストに描いた小鳥のようで気に入ってます

サビて、持つところも痛んでいます
打つところ?も、長年の使用でつぶれています
側面には記号とも文字ともつかない線が刻まれています

DSCN8783.jpg

このとんかちでトントンと

釘を打つたびに

小鳥が飛び立って行く夢を見ています

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

いったい何に使う金槌なんでしょうね。大工さんはあまり使わないだろうな。

子供の頃、魚を入れる木箱を作る人達が居ました。彼らが箱打ち(田舎では『はこぶち』って言ってました)を行うときに使ったものでしょうか?でも、こんなごついのだと、手首の腱鞘炎になってしまうかも。

う~~ん、何に使うものだろう。気になるなあ。

Re: No title

こんばんは

なにに使われたんでしょうね?

でも、今、箱と槌で検索したら、「箱屋槌」というものが出ていました
こんなに丸くないですけど、ちょっと似てます

おっしゃるとおり、箱を作るのに使ったかもしれません・・・・謎です

大きさは、写真のせいで大きく見えますけど、7センチほどで大きくありません

持つところ・・・・柄?は、虫食いがいっぱいあって、光にかざすとプラネタリウム状態です

目利き骨董少女!

夏音さん こんばんは\(^▽^)/!

良い金槌ですね。
本当に尾が長くてトサカのある鳥が餌を
つっついている様です。
しかも100円とは!驚きです。

末恐ろしい…
このままいくと将来は白洲正子かはたまた
杉浦澄子か おお…おそろしや

先日、私が悪口申しました
竹かごの件…私が思いますには

一升マスを伏せて、あるいは糸巻きの軸
どちらも木製でこの金槌の柄の様に
黒飴の様なとろとろの物など如何でしょうか?

悪口の罪滅しとさせて下さいね!。

Re: 目利き骨董少女!

もーー泣かされたー! さま

竹かごの件、おっしゃるとおりで、まだまだ修行が足りませんです

目利き、などというモノにはほど遠く・・・・

このたびの「とんかち」・・・・「金槌」も、形のかわいらしさに惹かれただけで、「詫び寂び」などというモノとは無縁の、ただの「錆び錆び」です
ぷろふぃーる

夏音

Author:夏音

(*'-'*)ノ こんにちは!

夏音の日常、
どーでもいい事をつづってみます。

あ、twitterはじめました。→なつねだってば

はじめての方は、カテ欄の「自己紹介」をご覧ください↓

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かれんだー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。