--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-27(Fri)

おかげ犬

昨年秋に、お伊勢さんに行ってきました。

そのとき聞いた「おかげ犬」の話しが感動的でした。

江戸時代、何らかの理由で伊勢まで行くことができない人が、犬を代わりに、お伊勢参りに出したというのです。それを「おかげ犬」と呼んだそうです。

お伊勢さんへ行くというご近所の人に頼んで、自分の犬を連れて行ってもらう、というのが一般的だったそうですが、犬だけをお伊勢さんへと送り出す人もあったというのです。

だって、道わかんないじゃん?エサは?しゃべれないのにお伊勢さんまで行ったこと、どうやって報告するの?

・・・・不思議です。

しかし、そこは日本のすばらしさ。

おかげ参りをしている犬である事がすぐ分かるよう、犬には御幣や注連縄が付けられたそうで、道中に必要なお金も袋に入れて持たせることもあったそうです。

人々は、おかげ犬を見かけると、伊勢の方向へと導き、エサを与え、場合によっては、「一匹でエライなぁお前は」と言って、お金を更に与えてくれたりもしたそうです。

無事お伊勢さんに着くと、神社の人がお札を持たせ、今度は来た道を帰って行くのだそうです。

スゴイですね。お金を盗む人がないどころか、帰ってきたら出て行ったときよりお金を持ってたなんてこともあったそうなんです。・・・・スゴイぞ日本人、スゴイぞ日本犬!

お伊勢さんには、その「おかげ犬」グッズがいっぱいでした。

特に印象的で、思わず連れて帰りたくなったのは、これ。

L1020267B.jpg

かぁーいーです。

こんなおみくじも。

OKAGE.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

おかげ犬ですか。それこそ、いろいろな事情があるのでしょうが、これはやはり自分で行くしか無いのではないかなと思います。
私もスペイン巡礼に行って、誰かに途中のハンを押してきてもらい、サンチャゴ・デ・コンポステラで楽をコイて待っていたい、という邪な気持ちにとらわれなかったわけではありませんが、…。
飽くまでも自分の気持ちの問題ですから。

Re: No title

AzTak さま

現代なら、犬を放すことは許されないですから、おおらかな時代だったんですね。

スペイン!わたしも行ってみたいです。・・・・そういえば、サグラダファミリアが完成するめどが付いたとか。
でも、それってピサの斜塔がまっすぐになっちゃった的なことみたいで、ちょっと複雑です。

いいなー

伊勢神宮に行ったんですね。私もいつかは行きたいと考えています。でも人が多そう…。

Re: いいなー

小麦 さま

私が行ったのは去年の秋ですが、今年はもっと混んでいるかもしれません。
どこからこんなに人が集まってくるのか不思議なほどでした。

でも、さすが大昔からの観光地(?)、老若男女を問わず楽しめる場所だと思いました。

お伊勢さん、お薦めですよ。
ぷろふぃーる

夏音

Author:夏音

(*'-'*)ノ こんにちは!

夏音の日常、
どーでもいい事をつづってみます。

あ、twitterはじめました。→なつねだってば

はじめての方は、カテ欄の「自己紹介」をご覧ください↓

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かれんだー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。