--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-24(Tue)

川口ストリートジャズフェスティバル

22日に、「川口ストリートジャズフェスティバル」というイベントに行ってきました。

知久寿焼さんが出演するので、それが目的です。

知久さんは、むかし「たま」というバンドで活動されていた人です。(40代以上の人はご存じかと)

chikuchiku.jpg


実は、その知久さんの使っている「口琴」という楽器を作っている人と、うちの父が知合いだったので、私も聴くようになりました。

でもライブは、はじめて。

短いライブでしたけど、とっても楽しくて、なんだかさびしくて悲しくて、泣き笑いで終わりました。

知久さんの音楽は、さびしい気持ちや悲しい気持ちが、心を優しくしてくれること教えてくれます。

一昨日のライブが、もうYOUTUBEに!はやッ!




2012-11-09(Fri)

弦を替える

愛用のウクレレの弦を替えました

DSCN9254.jpg

アランフェスというメーカーのクラシックギターの弦を張りました

一弦の音色にマイルドさがほしくて替えたのですけど、予想よりマイルドになりませんでした

でも、他の弦の鳴りは豊かになったので、まあ良しです

一弦をマイルドにするには、もっと太い弦を張るしかないのかもしれないけど、ナットの溝を広げなくてはいけないので、なかなか踏み切れません

なので、しばらくはこれで楽しみます

ポケットトランペットは、いまだにドレミも吹けませんけど、弦楽器は小さい頃から遊んでるので多少はマシです(マシというというだけで、才能ないのは自覚しています・・・・ (ノ_-;)ハア…)

ポケトラの練習は、くちびるが荒れてきたので休憩中・・・・

2012-10-31(Wed)

Pocket Crnet

ポケットトランペットをいただいたのです

POCKET2.jpg

正確にはポケットコルネットだそうで、40~50年ほど前に作られたものだそうです

ポケットコルネットは現在作られていないそうで、作られているのはポケットトランペットだそうです

ただ、みなさん「ポケトラ」などと呼んでいるので、ここでもポケトラといたします


いつもジャズを聴かせていただいている八百屋さんは、ご自分でもSAXを演奏するのですけど、そのバンド仲間の方が、誰か若い人に引き継いでもらいたいと持ってきたそうです

POCKET.jpg

しかし、八百屋さんの知合いにトランペットを吹く人はいなくて、突然わたしのところに来ることになったのです

もちろんわたしは、管楽器といえば学校で吹いたリコーダーくらいしか吹いたことはありません

それなのになぜ、わたしのところに、このポケトラが来ることになったのか・・・・

それは、ジャズのポケットトランペット奏者、ドン・チェリーが好きだと発言したためなのです

たとえ演奏できなくても、ポケトラの神さま、ドン・チェリーが好きなら、ということだそうです

Art_Deco_(album)2.jpg
ドン・チェリー/アールデコ 

なんとも責任重大で、一度はお断りしたのです・・・・でも、ぜひ持っていてほしい、自分で練習してもいいし、いずれ誰か相応しい人が見つかったら渡してもいいとのことでした

いまだにまともな音は出ません・・・・ドレミも吹けない楽器なんて、ほんとに大丈夫なのかしら?

ポケトラについては、たまにこのブログで、ご報告するつもりです

2012-09-07(Fri)

天才

楽器が好きで楽器が好きで、なんでも弾いてみたい

でも、どれもすぐ壁に突き当たってしまうのです

ベース、ウクレレ、ブルースハープ、ピアノ・・・・

でも、世の中に天才はいるもので・・・・

たとえば、ジャズのベーシスト、ゲイリー・ピーコックさん
キース・ジャレットさんとの「スタンダーズ」で有名です

この人は、なんと、

「はじめてベースを手にしたとき、両の腕は正しくベースを弾きはじめ、それ以来わたくしはベースの練習というものをしたことがない」(!!)

これは天才以外の何者でもありませんね

「星に願いを」キース・ジャレット・トリオ



日本にも天才はいます

最近、気になってるのは、青葉市子さん

クラシックギターで弾き語り

この人も、ちゃんとギターを習っていないのに、すぐに弾けたそうです
しかもいまだに、コードネームとか知らないそうです
出したい音を出しているだけということですが、その出したい音をすぐに探せないからたいへんなのに

人の曲をコピーするときも、聞けばすぐに弾けるようです・・・・しかもコードも含めて、言葉を聞くように理解してしまうのです・・・・恐ろしい

「レースのむこう」青葉市子



わたしもコードとか暗記しないで、無心に弾いたら弾けたりして・・・・まさか!

よし、次はギターだ!・・・・って、まだわかってないあたし・・・・

2012-07-27(Fri)

レイ・ハラカミさん

本日、7月27日は、大好きなミュージシャン、レイ・ハラカミさんの最初の命日です

エレクトロニカと呼ばれるテクノから派生した音楽を、ハラカミさんは丁寧に、他人の評価を気にせずに作り続けていました

しかし、神様のいたずらで、ちょうど1年前の今日、40歳という若さで宇宙の果てに去りました

ハラカミさんは、矢野顕子さんとのユニット「YANOKAMI」やタブラ奏者のユザーンさんとのデュオで素敵な音楽を作り出し、多くの方のプロデュースやリミックスを手がけました

それらの音楽達は、ウケを狙っていない・・・・でも心に響くのです

ハラカミさん、職人です・・・・ほんとの職人です


音楽に限らず、多くのものがユーザー、リスナーに媚びている今・・・・
「お客様第一」なんて・・・・みんな嘘つきじゃない?・・・・

だから、ハラカミさんの精一杯が心に響くのです

みんなの好みを聞いてなにかを創ったら、それは最大公約数的で、無難ではあるけれど個性はないはずです

だから、ハラカミさんの音楽をみんなが好きなんて事はないでしょう

でもでも、私の心には響いたのです

ヒットチャートに乗らなくたって、ハラカミさんの音楽を愛する人は確かにいるのです

これからも、わたしはレイ・ハラカミさんの音楽を聴き続けます

暑いのに、なんか暑苦しい文章になっちゃってゴメンナサイ

lust400.jpg
ぷろふぃーる

夏音

Author:夏音

(*'-'*)ノ こんにちは!

夏音の日常、
どーでもいい事をつづってみます。

あ、twitterはじめました。→なつねだってば

はじめての方は、カテ欄の「自己紹介」をご覧ください↓

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かれんだー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。